会社概要

会社理念

私たちは地元宮城のオンリーワンを目指します。

時代の変化を受けて、私たちの鑑定業界も大きく様変わりしようとしています。
零細な個人事務所の限界を乗り越え、高度の専門性と事務処理能力を備えた鑑定事務所にこそ、
情報・技術も集積し、より質の高い成果物を生み出す能力が培われます。
私たち、株式会社資産管理評価研究所は、地域密着という原点に立ちながら、
絶えず成長を志し、お客様に満足いただけるサービスの提供を目指します。

当社のセールスポイントはこちら

会社沿革

1976年4月杉本不動産鑑定事務所としてスタート。
1985年9月(株)資産管理評価研究所へと発展。初代所長 杉本 幸雄。
1998年12月(株)ヒロ&リーエスネットワークの東北統括事務所に。以降、東北6県を中心に、全国不動産鑑定士間のネットワーク機能を強化
2003年1月評価・調査案件は、宮城県を主体に延5,000件を突破。
2003年5月組織変更。所長兼専任不動産鑑定士 佐藤 紀彦に交代。
2008年8月裁判所から評価命令を受けて競売評価スタート。
評価・調査案件が延6,000件を突破。
2010年10月(株)ヒロ&リーエスネットワークがわかば東海エステートコンサルタンツ(株)と組織統合し、日本ヴァリュアーズ(株)に社名変更。以降、㈱資産管理評価研究所はヴァリュアーズネットワークに加盟。
2011年3月日本不動産鑑定協会実地演習実施機関として2名の終了考査合格者(不動産鑑定士)を輩出。
評価・調査案件は延7,000件を突破。
2013年3月日本不動産鑑定士協会連合会実地演習実施機関として1名の終了考査合格者(不動産鑑定士)を輩出。
2013年12月評価・調査案件は延8,000件を突破。
2015年3月日本不動産鑑定士協会連合会実地演習実施機関として1名の終了考査合格者(不動産鑑定士)を輩出。
2015年5月所長の佐藤紀彦が(一社)宮城県不動産鑑定士協会会長に就任。

当所員が保有している資格

(株)資産管理評価研究所では、より質の高い商品・サービスを提供していくために、各所員が種々の資格を取得し自己研鑽に励んでいます。

不動産鑑定士1名
行政書士試験合格1名
宅地建物取引主任者(試験合格者含む)3名

資産管理評価研究所における業務の特徴

地方における不動産鑑定事務所は、国・自治体・裁判所等、公的機関より受注する仕事が売上の大半を構成している場合が殆どです。もちろん、弊社でも、公的機関からの業務依頼は欠かすことができない分野であり、各役所の御担当者からも、「アカウンタビリティー(説明責任)が問われるような難しい案件が頼めるのは、やっぱり資産管理評価研究所」と高評価を頂いています。しかし、弊社業務の際立った特徴としては、その公的機関以上に、民間企業・個人のお客様が多いと言った点があげられます。
以下の円グラフは、報酬額をベースとした、民間と公的機関からの業務の比率ですが、まさに民間のお客様によって、弊社の事業は支えられています。常に成果品のクオリティーに対して厳しい目を持つ民間のお客様からも、高い評価を頂き、継続して御仕事の依頼を受けていることが、私たちの会社の独自性であり、同時に誇りでもあります。

グラフ:民間からの依頼の割合:2013年度比率:69.0%、2014年度比率:66.5%

民間からの依頼とは...具体的には、(1)民間企業・個人、(2)地元を中心とした金融機関、(3)弁護士・税理士等他資格者からのご紹介、(4)首都圏を中心とした同業他社・投資法人等々からの依頼のことです。

  • 同業者の方はこちら
  • 一般の方はこちら
  • みやぎ不動産NEWS 旬なTopicのデータベース
  • 不動産まめ知識 スタッフが調査・研究した結果を分かり易くご紹介
  • 徒然日記帳 研究所のみんなで綴る四方山話ブログ
このページのTOPへ